2018.10.14 16:43

内藤、佐藤組は悔しい銀 内藤、雪辱果たせず「ダブルスなら勝てるかと」/テニス

内藤、佐藤組は悔しい銀 内藤、雪辱果たせず「ダブルスなら勝てるかと」/テニス

テニス女子ダブルス決勝で敗れ、銀メダルの内藤(右)、佐藤組=ブエノスアイレス(共同)

テニス女子ダブルス決勝で敗れ、銀メダルの内藤(右)、佐藤組=ブエノスアイレス(共同)【拡大】

 夏季ユース五輪第8日は13日、ブエノスアイレスで行われ、テニスの女子ダブルス決勝で内藤祐希(TEAM YONEZAWA)佐藤南帆(有明ジュニアTA)組は敗れて銀メダルだった。

 テニスの女子ダブルス決勝に挑んだ内藤、佐藤組は欧州勢ペアに屈した。第1セットを先取したものの、中盤からはパワーに押された。佐藤は「勝てるチャンスはあった。すごい悔しい」と唇をかんだ。

 内藤は相手のポーランド選手に今年の全仏オープン・ジュニアのシングルス準々決勝でも敗れた。「ダブルスなら勝てるかと思った。ミス待ちの気持ちが少しでもあったから負けた」と涙ぐんだ。(共同)

  • テニス女子ダブルスで銀メダルを獲得した内藤(左)、佐藤組=ブエノスアイレス(共同)