2018.10.14 16:24

佐藤、ペース上げられずV2逃す「高橋選手の作戦勝ち」/トライアスロン

佐藤、ペース上げられずV2逃す「高橋選手の作戦勝ち」/トライアスロン

女子で優勝した高橋侑子(右)と2位の佐藤優香のラン=東京・お台場

女子で優勝した高橋侑子(右)と2位の佐藤優香のラン=東京・お台場【拡大】

 トライアスロンの日本選手権は14日、東京都お台場海浜公園周辺で行われ、女子は今夏のジャカルタ・アジア大会を制した高橋侑子(富士通)が1時間59分50秒で初優勝。2年連続3度目の優勝を目指した佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)が22秒差の2位だった。

 女子で昨年優勝の佐藤は4周するランの3周目でスパートした高橋を追い上げることができなかった。最終周で勝負を懸ける予定だったが、体力切れでペースを上げられず「高橋選手の作戦勝ち」と声を落とした。

 2016年リオデジャネイロ五輪では高橋との代表争いを制したが、今年はアジア大会など大きな舞台でライバルに勝てなかった。「同い年だし、タイトルをとられたのは悔しい。負けた悔しさを来シーズンにつなげたい」と巻き返しを誓った。