2018.10.14 15:09

高橋、北條が初優勝 日本選手権/トライアスロン

高橋、北條が初優勝 日本選手権/トライアスロン

表彰式で笑顔を見せる女子初優勝の高橋侑子=東京・お台場

表彰式で笑顔を見せる女子初優勝の高橋侑子=東京・お台場【拡大】

 トライアスロンの日本選手権は14日、東京都お台場海浜公園周辺で行われ、女子は今夏のジャカルタ・アジア大会を制した高橋侑子(富士通)が1時間59分50秒で初優勝した。2年連続3度目の優勝を目指した佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)が22秒差の2位。

 男子は北條巧(日体大)が1時間46分37秒で初の日本一に輝き、アジア大会王者の古谷純平(三井住友海上)は21秒差で2位だった。

 2020年東京五輪はお台場が会場となり、今大会とは異なるコースで争われる。

古谷純平の話「ランは(開始から)北條が飛び出すのは分かっていた。自分も過去の最高タイムを更新している。今日は北條が強かった」

  • 1時間59分50秒で女子初優勝の高橋侑子=東京・お台場
  • 女子で優勝した高橋侑子(右)と2位の佐藤優香のラン=東京・お台場
  • バイクで力走する女子優勝の高橋侑子=東京・お台場
  • 表彰式で笑顔を見せる男子初優勝の北條巧=東京・お台場
  • バイクで力走する男子優勝の北條巧=東京・お台場
  • スイム2周目に向かう男子優勝の北條巧(右)=東京・お台場