2018.10.14 16:47

北園、種目別床で金一つ追加も…あん馬では痛恨の落下「改善していかないと」/体操

北園、種目別床で金一つ追加も…あん馬では痛恨の落下「改善していかないと」/体操

 夏季ユース五輪第8日は13日、ブエノスアイレスで行われ、体操男子種目別の床は北園丈琉(大阪・清風高)が13・633点で制した。

 体操男子の北園は種目別の床を制し、今大会二つ目の金メダルを手にした。ノーミスの演技を披露し「床は『取れればいいな』くらいの気持ちだった。これを自信にしていきたい」とうなずいた。

 だが、その後のあん馬では痛恨の落下。予選で唯一14点台を記録した得意種目で優勝を逃し「そういう甘いところを改善していかないと」と反省した。(共同)