2018.10.13 00:04

車いすバスケ女子は銀 競泳の木村と鈴木は今大会個人4冠 アジアパラ大会

車いすバスケ女子は銀 競泳の木村と鈴木は今大会個人4冠 アジアパラ大会

  • 男子50メートル自由形(運動機能障害S9)で金メダルを獲得し、歓声に応える山田拓朗=ジャカルタ(共同)
  • 男子50メートル平泳ぎ(運動機能障害SB3)の表彰式で、金メダルを手に笑顔を見せる鈴木孝幸=ジャカルタ(共同)
  • 男子5000メートル(視覚障害T13)で優勝し、喜ぶ堀越信司=ジャカルタ(共同)
  • 女子100メートルバタフライ(運動機能障害S9)で銀メダルを獲得し、表彰式で笑顔で手を振る一ノ瀬メイ=ジャカルタ(共同)
  • 男子5000メートル(視覚障害T11)、力走する和田伸也(左)=ジャカルタ(共同)
  • 男子5000メートル(視覚障害T11)、力走する唐沢剣也=ジャカルタ(共同)
  • 男子5000メートル(視覚障害T13)、力走する堀越信司(中央)=ジャカルタ(共同)
  • 男子50メートル自由形(視覚障害S11)で優勝し、歓声に笑顔で応える木村敬一(中央)。左は2位の富田宇宙=ジャカルタ(共同)
  • 男子200メートル個人メドレー(知的障害SM14)で優勝し、歓声に応える東海林大=ジャカルタ(共同)
  • 車いすテニス女子シングルスで3位となり、銅メダルを手に笑顔の大谷桃子=ジャカルタ(共同)
  • 男子100メートルバタフライ(運動機能障害S9)で金メダルを獲得し、笑顔で手を振る久保大樹=ジャカルタ(共同)
  • 女子1500メートル(知的障害)で銅メダルを獲得した阿利美咲=ジャカルタ(共同)
  • 車いすテニス女子シングルスで優勝し、金メダルを手に笑顔の上地結衣=ジャカルタ(共同)
  • 車いすテニス男子シングルスで優勝し笑顔の国枝慎吾=ジャカルタ(共同)
  • 男子シングルスで優勝し喜ぶ国枝慎吾=ジャカルタ(共同)
  • 第1クオーター、シュートを放つ香西(右)=ジャカルタ(共同)
  • ドリブルからシュートを決める栃木ブレックスのジェフ・ギブス=ブレックスアリーナ宇都宮(撮影・根本和哉)
  • 女子シングルス決勝で優勝した上地結衣=ジャカルタ(共同)
  • 男子100メートルバタフライ(運動機能障害S9)で優勝し、ガッツポーズする久保大樹=ジャカルタ(共同)
  • 男子100メートルバタフライ(運動機能障害S9)力泳する久保大樹=ジャカルタ(共同)
  • 女子走り幅跳び(視覚障害T12)で銀メダルを獲得し、コーラーと記念写真に納まる高田千明(右)=ジャカルタ(共同)
  • 女子シングルスで優勝し笑顔で日の丸を掲げる上地結衣=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジアパラ大会第7日(12日)車いすテニスは男女シングルス決勝が行われ、男子は国枝慎吾(ユニクロ)が真田卓(凸版印刷)に6-2、6-3で勝ち金メダルを獲得した。女子は上地結衣(エイベックス)が中国選手を6-3、6-4で下して優勝。ともに2020年東京パラリンピックの出場権を獲得した。

 競泳は男子50メートル自由形(視覚障害S11)を木村敬一(東京ガス)が制し、同50メートル平泳ぎ(運動機能障害SB3)は鈴木孝幸(ゴールドウイン)が勝ち、ともに今大会個人4冠とした。

 ゴールボール女子は日本が決勝で中国を下し、金メダルを獲得した。男子は3位決定戦で韓国に敗れた。ボッチャのチーム(脳性まひ)で日本は3位決定戦で中国に勝ち銅メダル。

 車いすバスケットボール女子は決勝で中国に敗れ銀メダルだった。男子は準決勝で中国に勝利した。(共同)