2018.10.12 22:35

新体制川崎、本拠地白星 北監督「勝利を見せられて良かった」

新体制川崎、本拠地白星 北監督「勝利を見せられて良かった」

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は12日、川崎市とどろきアリーナなどで6試合が行われ、中地区の川崎が西地区の滋賀を76-64で退け、開幕3連勝とした。6-21で迎えた第2クオーターに厳しい守備で流れをつかみ、終盤に突き放した。

 川崎は運営権が東芝からDeNAに移って迎えた本拠地開幕戦を白星で飾った。ガード篠山は体を張った守備で逆転への流れをつくり、けがから復帰したファジーカスは最多12リバウンドで貢献。篠山は「気持ちも高揚したし、勝ててほっとしている」と喜んだ。

 新体制となって演出が華やかになり、DJによるパフォーマンスや花火、炎などを用いて4708人の満員の観客を飽きさせなかった。北監督は「お客さんにアリーナの雰囲気と、勝利を見せられて良かった」とうれしそうだった。