2018.10.11 05:03(1/2ページ)

中田ジャパン金星!リオ銀の全勝セルビアを逆転/バレー

中田ジャパン金星!リオ銀の全勝セルビアを逆転/バレー

全勝のセルビアを破り、喜ぶ奥村(13番)、田代(22番)、小幡(16番)ら。東京五輪へ期待の膨らむ金星だ

全勝のセルビアを破り、喜ぶ奥村(13番)、田代(22番)、小幡(16番)ら。東京五輪へ期待の膨らむ金星だ【拡大】

 バレーボール・女子世界選手権第9日(10日、名古屋市のガイシプラザほか)2次リーグが行われ、E組で世界ランキング6位の日本は、石井優希(27)=久光製薬=らの活躍で同3位の難敵、セルビアを3-1で破った。7勝1敗の同組2位に上がって3次リーグ進出に前進した。54年前のこの日は、バレーボール女子で金メダルを獲得した1964年東京五輪の開会式の挙行日。中田久美監督(53)の下、“東洋の魔女”復活を目指す。日本は11日、ブラジルと戦う。

 全勝のセルビアに土をつけた。3次リーグ進出への大一番で、“スーパーサブ”が流れを変えた。第1セット終盤、石井がコートに入ると日本のサーブレシーブが安定。攻撃陣が息を吹き返し、第2セットから逆転勝ちだ。

 「パスからリズムを作ろうと意識していた。最後まで集中力を切らさずやれてよかった」

 2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのセルビアから金星をあげ、石井が笑顔を見せた。

 長岡、古賀、黒後のアタッカー3人を先発させる攻撃的布陣で臨んだ日本。だが黒後がサーブで狙われ、崩された。「すぐに石井に代えると考えていた」と中田監督。守備だけでなく、相手の高いブロックに対してブロックアウトやワンタッチを取る技術で得点した石井。第4セット14-18からはサーブで崩して5連続得点し、最後も強打で勝利を決めた。

【続きを読む】

  • 第2セット、レシーブする石井=名古屋市ガイシプラザ
  • 東京オリンピック女子バレーボール決勝ソ連を破り金メダル
  • 全勝のセルビアに勝利し、笑顔で長岡(左)を迎える中田監督=名古屋市ガイシプラザ
  • セルビアを3-1で破り、声援に応える日本の(左から)井上、長岡、荒木、石井、古賀、内瀬戸=名古屋市ガイシプラザ
  • 第2セット、スパイクを放つ古賀=名古屋市ガイシプラザ
  • 第4セット、スパイクを放つ長岡=名古屋市ガイシプラザ
  • 第4セット、レシーブする古賀=名古屋市ガイシプラザ
  • 第4セット、レシーブする井上=名古屋市ガイシプラザ
  • 第3セット、スパイクを決める長岡=名古屋市ガイシプラザ
  • バレーボール女子・日本の世界選手権2次リーグE組成績&日程&放送予定
  • バレーボール・女子世界選手権2次リーグE組勝敗表
  • 日本-セルビア