2018.10.10 17:00

元旭鷲山、貴ノ岩の2400万円損害賠償請求は「びっくらこいた」

元旭鷲山、貴ノ岩の2400万円損害賠償請求は「びっくらこいた」

特集:
元日馬富士・暴行問題
元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏

元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏【拡大】

 大相撲初のモンゴル出身力士、元小結旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(45)が10日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)の取材に応じ、平幕貴ノ岩(28)と元横綱日馬富士(34)の訴訟トラブルのモンゴル国内の反応を語った。

 元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)の元弟子で、千賀ノ浦部屋へ移籍した貴ノ岩は4日、昨年10月の宴席で元日馬富士から受けた暴行被害に対し、慰謝料など2413万5256円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。バトバヤル氏はモンゴル国内でもこの問題は関心が高いと話し、「日馬富士は暴行問題の責任を取って横綱を自分で辞めた。断髪式を行って辞めたとたんに慰謝料の話がでてきた。モンゴルでは2400万円は10倍ぐらいのかなりの大金なのでみんなびっくらこいちゃって。これだったら、日馬富士がかわいそうだなと思うひとが多い」と語った。