2018.10.10 11:25

花田虎上氏、輪島さんが協会に残っていたら「私の相撲人生も楽しかったかもしれない」

花田虎上氏、輪島さんが協会に残っていたら「私の相撲人生も楽しかったかもしれない」

花田虎上氏

花田虎上氏【拡大】

 大相撲の元横綱3代目若乃花の花田虎上氏(47)が9日、ブログを更新。8日に70歳で死去した元横綱輪島の輪島大士=本名輪島博=さんへの哀悼の思いを記した。

 父の元大関貴ノ花の花田満氏(故人)と仲の良かった輪島さん。虎上氏は「小さい頃初めて私を巡業に連れて行ってくれたのは輪島さんでした。父が、なんで勝がここにいるんだ!と驚いた顔を今でも覚えています」と懐かしんだ。

 「私がプロになった頃はもう輪島さんは協会を辞められていたので、もし明るい性格の輪島さんが協会に残っていてくれたら…私の相撲人生も楽しかったかもしれない。そう思う日々でした」と現役時代を振り返った。

 満氏と輪島さんの2ショット写真をアップし、「久しぶりに父と再会して昔話に花を咲かせているかもしれません。輪島さんまたいつか子供の頃のように一緒に遊んで下さい。これまでありがとうございました」と故人の冥福を祈った。