2018.10.10 23:14

56歳松本が柔道100キロ級銅メダル「同年代に自信を」 アジアパラ大会

56歳松本が柔道100キロ級銅メダル「同年代に自信を」 アジアパラ大会

柔道男子100キロ級で銅メダルを獲得し、笑顔の松本義和=ジャカルタ(共同)

柔道男子100キロ級で銅メダルを獲得し、笑顔の松本義和=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジアパラ大会第5日(10日)柔道男子100キロ級の56歳、松本義和(アイワ松本治療院)は3位決定戦で23歳年下のモンゴル選手に寝技で一本勝ち。国際大会のメダルは2000年シドニー・パラリンピックの銅メダル以来だそうで「是が非でも勝ちたかった。ものすごくうれしい」と笑みがはじけた。

 日本柔道陣の最高齢で主将も務める大ベテラン。「この年でもできると、同年代に自信を持たせたい」と話す一方で、「僕が代表になれるようじゃ駄目」と若手の奮起を求めた。(共同)

  • 男子100キロ級で銅メダルを獲得し、手を振る松本義和=ジャカルタ(共同)
  • 男子100キロ級3位決定戦モンゴル選手を破った松本義和=ジャカルタ(共同)