2018.10.9 23:21

競泳の鈴木、100M自でリオ覇者に圧勝「自分の泳ぎできた」 アジアパラ大会

競泳の鈴木、100M自でリオ覇者に圧勝「自分の泳ぎできた」 アジアパラ大会

男子100メートル自由形(運動機能障害S4)で金メダルを獲得し歓声に応える鈴木孝幸=ジャカルタ(共同)

男子100メートル自由形(運動機能障害S4)で金メダルを獲得し歓声に応える鈴木孝幸=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジアパラ大会第4日(9日)競泳男子100メートル自由形(運動機能障害S4)は日本選手団主将の鈴木孝幸(ゴールドウイン)が1分22秒81で優勝。

 日本選手団主将の鈴木が今大会の個人種目で初の金メダルを獲得した。競泳の男子100メートル自由形(運動機能障害S4)で、リオデジャネイロ・パラリンピック覇者の韓国選手に3秒近くの差をつけての圧勝。31歳のベテランは「自分の泳ぎができたので良かった」と胸を張った。

 5月末に約15年ぶりに受けたクラス分けの審査で、自由形は従来より一つ重い区分に変更となった。一躍世界のトップ選手への仲間入りを果たし「世界記録も近いので、まずはそこを狙いたい」と欲を見せた。(共同)

  • 男子100メートル自由形(運動機能障害S4)決勝、力泳する鈴木孝幸=ジャカルタ(共同)