2018.10.9 13:52

輪島さん出身地・石川県で死去悼む声「市民に勇気と希望与えた」

輪島さん出身地・石川県で死去悼む声「市民に勇気と希望与えた」

1980年11月、大相撲九州場所で優勝し、賜杯を手にする横綱輪島

1980年11月、大相撲九州場所で優勝し、賜杯を手にする横綱輪島【拡大】

 大相撲の第54代横綱、輪島大士さんの死去を受け、出身地の石川県の関係者からは9日、「憧れのスーパーヒーローだった」「多くの市民に勇気と希望を与えてくれた」など悼む声が上がった。

 輪島さんの出身校、同県七尾市立石崎小の大橋明美校長は「輪島さんのような土俵際で粘り強く相手に向かっていくチャレンジ精神を子どもたちに伝えたい」と話した。七尾市の不嶋豊和市長は「訃報を聞き、大変驚いている。大いに七尾市を全国発信していただいた。心からのご冥福をお祈りする」とのコメントを出した。

 私立金沢高時代に国体を制した輪島さんの後輩で、元相撲部顧問の日吉正教諭は「生徒にも輪島さんを手本に大きく成長してほしい」と話した。

 七尾市の能登食祭市場の伊川敬一郎営業部長は「気さくな人で、咽頭がんを患ってからは筆談でトークショーをしてもらった。本当に残念だ」と語った。