2018.10.7 15:43(1/2ページ)

【レース結果】トロロッソ・ホンダ勢は11位&13位 ガスリーがラスト2周で入賞圏内から脱落/日本GP

【レース結果】

トロロッソ・ホンダ勢は11位&13位 ガスリーがラスト2周で入賞圏内から脱落/日本GP

特集:
2018F1日本GP

 F1世界選手権第17戦日本GP決勝(7日、三重・鈴鹿サーキット=1周5・807キロ×53周=ドライ)トロロッソ・ホンダ勢は、ピエール・ガスリー(22)=フランス=が11位、ブレンドン・ハートレー(28)=ニュージーランド=は13位に終わった。ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(33)=英国=が第14戦イタリアGPから4連勝で今季9勝目、通算71勝目を挙げた。バルテリ・ボッタス(29)=フィンランド=が2位に入り、メルセデス勢がワンツーフィニッシュを飾った。レッドブル・タグ・ホイヤーのマックス・フェルスタペン(21)=オランダ=が3位だった。

 ホンダのホームコースとなる鈴鹿で、トロロッソがラスト2周で入賞を逃した。10位を走行していたガスリーは、51周目にルノーのカルロス・サインツ(スペイン)に抜かれ、11位に後退した。チームはこれまでよりも馬力が出るように改良したパワーユニット(PU)を新たに搭載。予選までを2台ともトラブルなく終えて性能の良さを示し、ハートレーが6位、ガスリーが7位につけたが、決勝は結果がともなわなかった。

【続きを読む】