2018.10.5 09:58(1/4ページ)

F1日本GP5日開幕! し烈タイトル争い ハミルトンVsフェテル

F1日本GP5日開幕! し烈タイトル争い ハミルトンVsフェテル

特集:
2018F1日本GP
ルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトン【拡大】

 自動車のF1世界選手権シリーズ今季第17戦、日本グランプリ(GP)が5日、三重・鈴鹿サーキットでのフリー走行で開幕し、7日に決勝が行われる。史上3人目となる5度目の世界王座獲得を目指し、ルイス・ハミルトン(33)=英国、メルセデス=とセバスチャン・フェテル(31)=ドイツ、フェラーリ=が覇を競う今季。30度目の開催を迎える鈴鹿が勝負のヤマ場となる。母国GPのホンダ(トロロッソ)勢も、最新型のパワーユニットで活躍を狙う。

 ハミルトンとフェテル。“皇帝”ミヒャエル・シューマッハー(49)=ドイツ=の7度に次いで、F1草創期を支配したフアンマヌエル・ファンジオ(故人、アルゼンチン)と並ぶ5度目の王座を目指す。この戦いに勝った者は、伝説の仲間入りだ。

 9月30日決勝の第16戦・ロシアGP。レースでは序盤、ポールポジションから出たバルテリ・ボッタス(29)=フィンランド、メルセデス=がチーム指令を受け、すぐ後ろにいた同僚のハミルトンに実質首位を譲った。ハミルトンの後ろにいたフェテルはその後、抜きにくいコースでボッタスをかわせずに終わる。ハミルトンが今季8勝目。3位だったフェテルとのポイント差は50点に広がった。

 「優勝して、これだけ落ち込んだのは初めて」。チーム指令に納得しないハミルトン。しかしフェテルは「彼らの状況なら考えるまでもない作戦だ」と完敗を認めた。

【続きを読む】

  • セバスチャン・フェデル
  • フェルナンド・アロンソ
  • 昨年10月8日、決勝で好スタートを切ったハミルトン(手前)。今年も快走して王座争いを制する
  • ハートレー(ロイター)
  • 過去の鈴鹿名勝負1987年ネルソン・ピケ
  • 過去の鈴鹿名勝負1990年(左から)2位のモレノ、優勝のネルソン・ピケ(ベネトン・フォード)、3位の鈴木亜久里
  • 過去の鈴鹿名勝負2012年3位入賞小林可夢偉
  • F1第17戦・日本GP日程
  • 鈴鹿サーキットコース図
  • ハミルトンVSフェテル+トロロッソ・ホンダ今季成績
  • F1・ドライバーズポイント5傑
  • F1・過去の日本GP優勝者