2018.10.3 22:29

宮川選手が日大アメフット部復帰へ「発言を翻すことになることもあって悩みました」

宮川選手が日大アメフット部復帰へ「発言を翻すことになることもあって悩みました」

特集:
アメフット
宮川泰介選手

宮川泰介選手【拡大】

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、反則タックルを行ったDLの宮川泰介選手が3日、アメフット部への復帰を決めたと発表した。4日の練習から参加するという。

 宮川選手は代理人を通じてコメントを発表。就任した橋詰功新監督と面談した際、「チームの再建に加わらないか」と打診を受けたといい、チームメートからも「部の一員としてチーム再建を目指して欲しい」と声を掛けられたという。

 宮川選手は「部への復帰は会見での発言を翻すことになることもあって悩みましたが、迷惑を掛けたチームメートに対する償いとして、部に復帰して、新監督のご指導をいただきながら、チームメートと共にチームを再建していきたいという考えに至りました」と復帰の理由を明かした。

 また悪質タックルを受けた関学大QBに対しては、「復帰に関してお言葉をいただいたことも私の決断を後押ししてくれました」と感謝。「部に戻りましても、連盟の処分が解除されるまでの間は、処分の趣旨の範囲での練習参加をいたします」と気を引き締め、「多くの方にご迷惑をおかけしましたことをしっかりと心に刻み、今後の糧といたします」と再起を誓っていた。