2018.10.1 05:01

設楽、「東京五輪メダル」リハ!本番とコース重なる東京マラソン出場へ

設楽、「東京五輪メダル」リハ!本番とコース重なる東京マラソン出場へ

 男子マラソンの日本記録を保持する設楽悠太(26)=ホンダ=が30日、東京都内でのイベントに参加し、来年3月の東京マラソンに出場する見通しを明かした。

 銀座や芝を通って浅草で折り返す道のりは、5月に発表された2020年東京五輪のコースと所々で重なる。本番のシミュレーションともなる舞台。設楽は「みなさんの期待通りの走りをしたい」と力を込める。

 今年2月の同大会で日本新の2時間6分11秒をマークしたが、右すねの疲労骨折を負った影響で9月のベルリン・マラソンを回避。このレースでエリウド・キプチョゲ(33)=ケニア=が2時間1分39秒の世界新記録をたたきだした。

 「(世界記録は)正直厳しいけど、それでも追いかけないと」と設楽。けがは回復途上ながら、日本最速の称号を誇りに再び走り出す。(鈴木智紘)