2018.9.30 17:32

錦織、杉田と初顔合わせに苦笑「日本でやらなくても」/テニス

錦織、杉田と初顔合わせに苦笑「日本でやらなくても」/テニス

特集:
錦織圭
1日の楽天オープン1回戦を前に、記者会見に臨んだ錦織圭=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・奥村信哉)

1日の楽天オープン1回戦を前に、記者会見に臨んだ錦織圭=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・奥村信哉)【拡大】

 男子テニスの楽天ジャパン・オープンは10月1日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、シングルスで第3シードの錦織圭(日清食品)と杉田祐一(三菱電機)の1回戦が行われる。4年ぶり3度目の優勝を狙う錦織は30日、記者会見し「去年は(右手首の故障で)プレーできなかった分、今年は楽しみにしていた。優勝を目指して頑張りたい」と意欲をのぞかせた。

 世界ランキング12位の錦織はプロになってからは世界100位の杉田と初顔合わせ。「いつかは当たると思っていたが、日本でやらなくても」と苦笑いを浮かべつつ「いい仲間でもあるし、ライバルでもある。お互いにいい試合ができればうれしい」と健闘を誓った。公開練習では世界23位の鄭現(韓国)とゲーム形式の打ち合いなどで約1時間調整した。

 予選を突破した20歳の綿貫陽介(日清食品)は1日の1回戦でロビン・ハーセ(オランダ)と対戦することが決まった。

試合日程へ