2018.9.28 05:03

【男女混合団体『金』 喜びの声】向翔一郎「みんなの足を引っ張りたくない一心だった」

【男女混合団体『金』 喜びの声】

向翔一郎「みんなの足を引っ張りたくない一心だった」

男女混合団体2回戦 モンゴル選手(下)を破った向翔一郎=バクー(共同)

男女混合団体2回戦 モンゴル選手(下)を破った向翔一郎=バクー(共同)【拡大】

 柔道・世界選手権最終日(27日、アゼルバイジャン・バクー)2020年東京五輪の新種目となる男女混合団体戦が行われ、日本は決勝でフランスに4-1で快勝し、2連覇。

向翔一郎「みんなの足を引っ張りたくない一心だった。(決勝の一本勝ちは)ここで負けたら日本に帰れないと思った」

立川新「思い切ってやることができて良かった。一本勝ちは狙っていた。来年は個人戦で優勝できるように頑張りたい」

大野陽子「絶対に寝技は抑え込むという気持ちだった。チームのみんなが頑張ってくれて、優勝できた」

朝比奈沙羅「柔道は日本で生まれたスポーツ。(団体に19チームが出場し)世界で繁栄していることを誇りに思う」

芳田司「個人で優勝した後に間が空いたが、団体でも金メダルを取るという目標に向けて、強い気持ちだった」

玉置桃「欲を言えば決勝も出たかった。あくまで通過点で、ここからが勝負」

  • 柔道の世界選手権、男女混合団体で2連覇し、金メダルを手に笑顔の日本選手。(上段左から)向翔一郎、原沢久喜、(中段左から)新井千鶴、素根輝、長沢憲大、小川雄勢、(下段左から)朝比奈沙羅、玉置桃、大野陽子、芳田司、立川新=27日、バクー(共同)
  • 柔道・世界選手権・日本選手の成績