2018.9.26 17:34

小川雄勢、3回戦で反則負け「まだ整理がついていない」/柔道

小川雄勢、3回戦で反則負け「まだ整理がついていない」/柔道

男子100キロ超級の小川雄勢(右)は反則負け(26日、アゼルバイジャン・バクー)

男子100キロ超級の小川雄勢(右)は反則負け(26日、アゼルバイジャン・バクー)【拡大】

 柔道・世界選手権第7日(26日、アゼルバイジャン・バクー)男女各1階級が行われ、男子100キロ超級は元世界王者の直也氏(50)を父に持つ小川雄勢(22)=明大=が3回戦でタジキスタン選手に反則負け。ほろ苦いデビューとなった。

 3回戦は試合を優位に進め、迎えた3分過ぎだった。相手を畳に倒す。その後、攻勢に出た小川だったが、禁止されている肩への関節技で反則負け。「優勝しか考えていなかった。まだ整理がついていない。負けは負け。それがきょうの結果」と声を絞り出した。

 自身初戦となった2回戦では、内股を決めて一本勝ち。観客席で見守った父・直也氏も目を細めていた。小川も「体が動いていた。きょうはいけるなと思っていた」。手応えを感じていただけに、3回戦での反則負けはまさかだった。

 2020年東京五輪を目指す若きスター候補は「(負けた)経験を無駄にはしたくない。東京五輪まで2年間あるので、次は頑張りたい」。この敗戦を必ず糧にする。