2018.9.25 18:40

やく氏、相撲協会は「貴乃花親方が退職することまで想定していたのだろうか」

やく氏、相撲協会は「貴乃花親方が退職することまで想定していたのだろうか」

特集:
元貴乃花親方
やくみつる氏

やくみつる氏【拡大】

 漫画家、やくみつる氏(59)が25日、フジテレビ系「プライムニュース イブニング」(月~金曜後4・50)に電話出演。大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=がこの日、日本相撲協会に退職届を提出したことについて言及した。

 親方衆は27日の理事会までに五つある一門のいずれかに所属することになっているが、無所属の貴乃花親方は受け入れ先が未定。やく氏は「貴乃花親方を孤立させるための策だったとは考えられない」とした上で、「協会は貴乃花親方が退職することまで想定していたのだろうか」と語った。

 貴乃花親方は弟子の貴ノ岩(28)に対する元横綱日馬富士(34)の傷害事件を巡り、報告義務を怠ったなどとして今年1月に協会理事を解任された。3月の春場所での無断欠勤や、弟子の貴公俊(21)による暴行問題の監督責任を問われて同月に「年寄」への2階級降格処分を受け、出直しの意向を示していた。