2018.9.24 05:03(1/2ページ)

田代「銀」!左手首手術乗り越え復活/柔道

田代「銀」!左手首手術乗り越え復活/柔道

決勝で昨年大会覇者のアグベニェヌ(左)に一本負けした田代。それでもけがからの復活に手応えを得た (共同)

決勝で昨年大会覇者のアグベニェヌ(左)に一本負けした田代。それでもけがからの復活に手応えを得た (共同)【拡大】

 柔道・世界選手権第4日(23日、アゼルバイジャン・バクー)女子63キロ級で2014、15年大会銅メダルのリオデジャネイロ五輪代表、田代未来(24)=コマツ=は決勝まで進んだが一本負けを喫し、銀メダルとなった。男子81キロ級でも初出場の藤原崇太郎(20)=日体大=が決勝で敗れ、銀メダル。日本勢は4日目で初めて金メダルを獲得できなかったが、ここまで男女8階級で金4個を含め、全10選手が表彰台に立った。

 頂点まで、あと一歩だった。田代は決勝で、昨年大会覇者のクラリス・アグベニェヌ(フランス)と激突。過去1勝6敗の強敵を相手に延長まで持ち込んだが、一瞬の隙をつかれた。延長50秒、払い巻き込みで一本負けを喫した。

 「強かった。いけるな、というチャンスはあったけど、ものにできなかった。弱さが出た」

 天を仰ぐ田代に、勝者が近づいた。手を差し伸べられ、起き上がると健闘を誓い合うハグ。「東京五輪のファイナルで、またやろう」。そう声をかけられたという。田代は「腐っていられないな」。過去2度の銅を上回る銀メダルを眺めて、リベンジを誓った。

【続きを読む】

  • 決勝を戦い終えた2人。健闘をたたえ、東京五輪での“再戦”を誓い合った(共同)
  • 女子63キロ級決勝でクラリス・アグベニェヌ(左)に敗れ、握手を交わす田代未来=バクー(共同)
  • 女子63キロ級準決勝ティナ・トルステニャク(左)に優勢勝ちし、試合後に握手を交わす田代未来=バクー(共同)
  • 女子63キロ級の田代未来(23日、アゼルバイジャン・バクー)
  • 柔道・世界選手権・日本選手の日程と結果