2018.9.22 21:24

栃ノ心、かど番脱し涙「今までの勝ち越しの中で一番うれしい」/秋場所

栃ノ心、かど番脱し涙「今までの勝ち越しの中で一番うれしい」/秋場所

栃ノ心が下手投げで阿炎に勝つ=両国国技館(撮影・菊本和人)

栃ノ心が下手投げで阿炎に勝つ=両国国技館(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲秋場所14日目(22日、両国国技館)栃ノ心は8勝目を挙げ、14日目にして自身初のかど番を脱出した。阿炎のもろ手を下からあてがい、もろ差しから豪快に左下手投げを決めた。支度部屋では満面に笑みを浮かべ「勝たないといけないと感じていた。ほっとした」と話し、風呂場ではうれし涙を流したという。

 新大関の先場所で右足親指負傷により休場。今場所前の稽古から「足が出ていなかった」と不調で、緊張と不安を抱えたまま初日を迎えた。それだけに「今までの勝ち越しの中で一番うれしい」と安堵の表情だった。

14日目結果へ千秋楽取組へ