2018.9.22 12:57

栄和人氏、伊調のコーチを提訴 虚偽告発で賠償請求/レスリング

栄和人氏、伊調のコーチを提訴 虚偽告発で賠償請求/レスリング

栄和人氏

栄和人氏【拡大】

 レスリング女子で五輪4連覇した伊調馨選手らへのパワーハラスメントで告発された日本レスリング協会前強化本部長の栄和人氏が、告発内容の一部は虚偽で名誉を傷つけられたとして、伊調選手を指導していたコーチの田南部力氏に330万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴したことが22日、弁護士への取材で分かった。提訴は20日付。

 訴状によると、1月に内閣府の公益認定等委員会に告発状が届いた。告発者名は伏せられていたが、田南部氏が関わっていると主張。告発状では、練習場にしていた警視庁の施設への伊調選手の出入りを禁じたり、田南部氏を全日本男子のコーチから外したりするなど栄氏が不当な圧力をかけたと記載されているが、栄氏側は事実と異なると訴えている。

 栄氏側はこの部分について、日本協会が立ち上げた第三者委員会も「証拠上認められなかった」としているとも主張。虚偽の告発内容が繰り返し報道されたことで、栄氏は精神的ストレスから7月にうつ病と診断され、現在も通院しているという。