2018.9.20 18:49

米国代表の鈴木アン、初戦敗退「東京で勝ちたい」/柔道

米国代表の鈴木アン、初戦敗退「東京で勝ちたい」/柔道

 柔道の世界選手権第1日は20日、バクーで男女各1階級が行われ、両親が日本人で米国代表として女子48キロ級に初出場した鈴木アンは、初戦の2回戦でイスラエル選手に一本負け。「上には上がいる。もっと世界で試合慣れしたい」と悔しそうに話した。

 父がシリコンバレーの企業で働き、生まれ育った米国で11歳から柔道を始めたという。「さくら」のミドルネームを持つ24歳。2年後の東京五輪出場を目標に掲げ「東京で勝ちたい」と成長を誓った。(共同)