2018.9.18 20:28

JOC、シンボルアスリートとして柔道一二三と契約

JOC、シンボルアスリートとして柔道一二三と契約

 日本オリンピック委員会(JOC)は18日の理事会で、肖像権を使ったマーケティング事業に協力する「シンボルアスリート」として、柔道男子66キロ級で昨年の世界選手権を制した阿部一二三(日体大)と契約したと発表した。

 「ネクストシンボルアスリート」には競泳男子の渡辺一平(早大)、レスリング女子の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、バドミントン女子の山口茜(再春館製薬所)、同男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が加わった。