2018.9.18 23:26

新井、世界選手権V2へ意欲「勝ち切る」/柔道

新井、世界選手権V2へ意欲「勝ち切る」/柔道

 柔道女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)が18日、世界選手権(20~27日、バクー)への出発前に羽田空港で取材に応じ「合宿や所属先の稽古で積んできたものを、一戦一戦出して勝ち切りたい」と2連覇への意欲を語った。

 しっかり組んで投げる闘い方が海外勢に研究され、最近は思うような成績を残せていない。24歳の正統派は「自分の長所を伸ばして、それを出すために取り組んできた。技をしっかり出せれば」と思い描いた。

 同じく女子70キロ級の大野陽子(コマツ)は28歳で初代表。「東京五輪の選考にも関わってくるので、しっかり優勝して次につなげたい」と決意を述べた。同78キロ級で初出場の浜田尚里(自衛隊)は出番の25日に28歳となり「誕生日なので、いい日にできれば。優勝して帰ってきたい」と目標を掲げた。