2018.9.17 05:03(1/2ページ)

世界新出た!連覇キプチョゲが2時間1分39秒、人類初の1分台/マラソン

世界新出た!連覇キプチョゲが2時間1分39秒、人類初の1分台/マラソン

キプチョゲは余力たっぷりの表情でフィニッシュ。酷暑の中で開催される東京五輪でも快走が見られるか、注目だ (共同)

キプチョゲは余力たっぷりの表情でフィニッシュ。酷暑の中で開催される東京五輪でも快走が見られるか、注目だ (共同)【拡大】

 ベルリン・マラソン(16日、ベルリン)男子はリオデジャネイロ五輪覇者、エリウド・キプチョゲ(33)=ケニア=が2時間1分39秒の世界新記録で2連覇した。従来の記録はデニス・キメット(ケニア)が2014年大会でマークした2時間2分57秒。日本勢は中村匠吾(26)=富士通=が自己ベストの2時間8分16秒で4位と健闘した。女子はグラディス・チェロノ(35)=ケニア=が2時間18分11秒で2連覇。松田瑞生(23)=ダイハツ=が2時間22分23秒で日本勢最高の5位だった。

 まるでスプリンターのように鋭い走りだった。33歳のキプチョゲが、高低差がほとんどなく高速レースで知られる一戦で驚異の記録だ。2時間1分39秒。従来の世界記録を1分18秒も縮めた。ゴール後は息もつかずにウイニングラン。沿道のファンと笑顔でハイタッチを交わした。

 「このレースのためにいい準備をしてきた。信じられないくらいうれしい。とても自信になる」

 号砲と同時に3人のペースメーカーとともに飛び出した。4年前に同じケニアのキメットが出した世界記録を上回るペース。ハーフを1時間1分06秒で折り返した。25キロ半ばで先導役がいなくなってから、ギアチェンジしてペースを上げた。

【続きを読む】

  • 2時間1分39秒の世界新記録で2連覇したエリウド・キプチョゲ=ベルリン(AP)
  • 男子マラソン・世界歴代5傑(16日現在)
  • 男子マラソン世界記録の変遷