2018.9.16 17:35

複は穂積、張帥組が優勝 ジャパン女子オープン/テニス

複は穂積、張帥組が優勝 ジャパン女子オープン/テニス

ダブルスで優勝し抱き合って喜ぶ穂積絵莉(右)・張帥組=広島広域公園コート

ダブルスで優勝し抱き合って喜ぶ穂積絵莉(右)・張帥組=広島広域公園コート【拡大】

 テニスのジャパン女子オープン最終日は16日、広島市の広島広域公園コートで決勝が行われ、ダブルスは第2シードの穂積絵莉(橋本総業)張帥(中国)組が第1シードでジャカルタ・アジア大会銅メダルの加藤未唯(ザイマックス)二宮真琴(橋本総業)組を6-2、6-4で破って優勝した。賞金は1万2300ドル(約138万円)。

 シングルスは第2シードの謝淑薇(台湾)が、予選から勝ち上がった17歳のアマンダ・アニシモワ(米国)を6-2、6-2で退けてツアー通算3勝目を挙げ、賞金4万3000ドル(約482万円)を獲得した。

  • ダブルスで優勝した穂積絵莉(右)・張帥組=広島広域公園コート
  • ダブルスで準優勝した加藤(左)・二宮組=広島広域公園コート
  • シングルスで優勝した謝淑薇=広島広域公園コート
  • シングルス決勝で謝淑薇に敗れたアマンダ・アニシモワ=広島広域公園コート