2018.9.16 05:02

大坂凱旋試合、当日券あります!立川で生なおみ観戦チャ~ンス/テニス

大坂凱旋試合、当日券あります!立川で生なおみ観戦チャ~ンス/テニス

特集:
大坂なおみ
姉・まりを応援する(左2人目から)なおみとサーシャ・バイン・コーチ。惜しくも姉妹での本戦出場を逃した 

姉・まりを応援する(左2人目から)なおみとサーシャ・バイン・コーチ。惜しくも姉妹での本戦出場を逃した 【拡大】

 女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン予選1回戦(15日、アリーナ立川立飛)組み合わせ抽選会が行われ、全米オープン女子単で日本勢初の四大大会制覇を飾り、世界ランキング7位の大坂なおみ(20)=日清食品=は第3シードに入り、2回戦(19日か20日)から登場することが決まった。2014年全豪オープン単準Vのドミニカ・チブルコバ(29)=スロバキア=と予選通過者の勝者と対戦する。当日券はまだあり、大坂フィーバーが巻き起こりそうだ。

 いよいよ、“生なおみ”のお目見えだ。本戦の組み合わせが発表され、全米女王・大坂は2回戦から登場。世界の強豪28人で争う地元大会での初優勝へ、注目の挑戦が始まる。

 全米女王の凱旋(がいせん)に空前のフィーバーは必至。入場券は既にプレミア化しており、一部は完売した。第3シードに入った大坂の初戦は19日か20日(18日に確定する予定)。平日は当日券があり、2回戦は2500席数のうち約100枚の当日券(SS席=8000円)が用意される予定だ(その他は価格、席とも変動する可能性あり)。大会関係者も「ぜひ会場で声援を送っていただきたい」となおみフィーバーのさらなる過熱を求めた。

 この日、なおみは2歳上の姉・まり(22)が出た予選1回戦を観戦。第2セット中盤以降、コートから約10メートルの距離に設置された応援席で、両親ら“チーム大坂”で全力応援を繰り広げた。帽子を深くかぶるも“オーラ”は消せず。ファンからサインを求められる場面もあった。

 姉はフルセットの末、1-2で敗れ、姉妹での本戦出場はならなかったが拍手を送り、イメージを膨らませた。

 「今回の大会でもいいプレーができればいい」と帰国の際に口にしていた大坂。日本のファンの声援を力に変え、再び世界の猛者に立ち向かう。 (石井文敏)

★姉妹でコンビにおにぎり

 普段から連絡を取り合うなど仲がいい大坂姉妹。この日、妹のなおみは試合前、姉・まりとコンビニエンスストアで購入したおにぎりをほおばり、姉の緊張をほぐすなど気遣った。姉は妹に対し「(全米Vは)すごくうれしかった。(今大会の本戦も)上手にやったら、誰にでも勝つ。普通にやれ!」と信頼するからこその表現でハッパを掛けた。

アクセス

 ★モノレール 多摩モノレールの「立飛駅」で下車して徒歩約5分。
 ★バス 立川バスの「立飛駅」で下車して徒歩約5分。※会場内には駐車場はなく、公共交通機関の利用を呼びかけている。

  • 結びの一番に勝ち引き揚げる鶴竜(右下)に目をやる、プロテニスプレーヤーの大坂なおみ(左上)