2018.9.16 05:00

【藤島親方のこの一番】取組直前千代大龍に乗られ右足痛めるも…気持ち見せた稀勢

【藤島親方のこの一番】

取組直前千代大龍に乗られ右足痛めるも…気持ち見せた稀勢

特集:
稀勢の里
土俵下の稀勢の里の上に落ちてきた千代大龍=両国国技館(撮影・菊本和人)

土俵下の稀勢の里の上に落ちてきた千代大龍=両国国技館(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲秋場所7日目(15日、両国国技館、観衆=1万936)稀勢の里は控えにいたとき、落ちてきた千代大龍に右足に乗られ痛そうにしていた。幸い大したことはなかったが、ゲンが悪く嫌な感じがしたろう。案の定、千代の国に押し、いなし、裾払いと目いっぱい攻められた。

 全体的にうわずって左四つになっても攻めきれず、最後は土俵際で上手投げを食った。先に相手の足が出ていたが、危なかった。ただ、守勢に回っても何とかしてやろうという気持ちだけは切れていない。連敗しなかったのも大きかった。

 来場所につなげるためにも、そろそろ圧倒的な勝ち方を見たい。中日の玉鷲も実力者だが、ガチッと踏み込んで一気に出るような相撲で、1敗での折り返しを期待したい。 (元大関武双山)

7日目結果へ中日取組へ