2018.9.16 19:06

奥原希望、世界女王の強打に屈する「感覚をつかみたい」/バドミントン

奥原希望、世界女王の強打に屈する「感覚をつかみたい」/バドミントン

  • 女子シングルス決勝でポイントを奪われ、コートに横たわる奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス決勝でスペイン選手のカロリナ・マリンに敗れた奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス決勝でポイントを奪われ首をかしげる奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス決勝でポイントを奪われ、膝に手をつく奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス決勝でスペインのカロリナ・マリンに敗れた奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス決勝でスペインのカロリナ・マリンに敗れた奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 第3ゲームシャトルに飛びつき、倒れ込む奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)
  • 女子シングルスの表彰式で笑顔を見せる、優勝したスペインのカロリナ・マリン(左)と準優勝の奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 準優勝に終わった奥原希望(右)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・納冨康)

 バドミントンのジャパン・オープンは16日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の決勝が行われ、女子シングルスで2017年世界選手権優勝の奥原希望(日本ユニシス)はリオデジャネイロ五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)に1-2で屈し、3年ぶりの優勝を逃した。

 女子シングルスの奥原は、8月に閉幕した世界選手権を制したマリンの力強い攻撃に対応できなかった。返球が浅くなり、前に出られて強打を許す場面が目立ち「高低のリズムの変え方が単調だった」と反省した。

 第2ゲームは持ち前の粘り強さで相手のミスを誘い取り返したが、最終ゲームの入りで、攻めのショットが続けてアウトになり流れを失った。昨年、この大会で負傷し、今年1月に実戦復帰。「まだイメージ通りに打ててない」という。それでも決勝まで5試合を戦い抜き「いい経験。トップとやり合う中で感覚をつかみたい」と完全復活へ手応えも得た様子だった。