2018.9.16 05:01

木村、24日WBO世界フライ級3度目防衛戦「最高の仕上がり」/BOX

木村、24日WBO世界フライ級3度目防衛戦「最高の仕上がり」/BOX

 プロボクシングWBO世界フライ級王者の木村翔(29)=青木=が15日、東京都内の所属ジムで同級1位の田中恒成(23)=畑中=の挑戦を受ける3度目の防衛戦(24日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)に向けたスパーリングを打ち上げた。

 注目の日本選手対決まで9日に迫ったが、最後まで追い込んだ。8ラウンドの実戦練習で本格的な調整を終えた。「疲れはまったくない。最高の仕上がり。あとは体重を落とすだけ」と手応えは十分だ。

 田中の史上最速となる3階級制覇を阻止するため、8月27日から2週間、タイでスパーリングキャンプを敢行した。現地では1ラウンド4分、帰国後は3分30秒。150ラウンド以上をこなし、「実質的には200以上になる」とジムの有吉将之会長(44)。

 「自分は技術がそんなにないから。実戦で感覚を磨いている」という王者にとって、豊富な練習量が心の支えになっている。 (伊藤隆)