2018.9.15 23:04

トロロッソ・ホンダ勢は予選下位に沈む…PPはハミルトン/シンガポールGP

トロロッソ・ホンダ勢は予選下位に沈む…PPはハミルトン/シンガポールGP

予選15位に終わったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=マリーナベイ・サーキット

予選15位に終わったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=マリーナベイ・サーキット【拡大】

 F1世界選手権第15戦シンガポールGP公式予選(15日、マリーナベイ・サーキット)トロロッソ・ホンダ勢は、来季レッドブルに昇格するピエール・ガスリー(22)=フランス=が1分39秒691で15位、ブレンドン・ハートレー(28)=ニュージーランド=が1分39秒809で17位だった。

 ガスリーは、Q1を1分39秒614の15位でギリギリ通過。同僚のハートレーもタイムが伸びず、1分39秒809の17位でQ2進出を逃した。好調ハースのケビン・マグヌッセン(デンマーク)が16位でQ1で敗退した。

 Q2でガスリーは1度目のアタックで、1分39秒876で15台中14番手のタイムを計測。2度目のアタックは、セクター2と3で自己ベストを記録したが、1分39秒691の15番手とタイムを伸ばせず敗退が決まった。フリー走行から好調だったマクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソ(スペイン)がコンマ1秒差でQ3進出を逃した。

 総合王座争いで首位に立つメルセデスのルイス・ハミルトン(33)=英国=が1分36秒015でポールポジションを獲得。2位にレッドブル・タグホイヤーのマックス・フェルスタッペン(20)=オランダ=が入り、フェラーリのセバスチャン・フェテル(31)=ドイツ=は3位だった。