2018.9.15 10:15

双子の妹、ディナが圧巻の2連覇「東京に行けることを楽しみにしている」/新体操

双子の妹、ディナが圧巻の2連覇「東京に行けることを楽しみにしている」/新体操

個人総合決勝、2連覇を果たしたディナ・アベリナのクラブ=ソフィア(共同)

個人総合決勝、2連覇を果たしたディナ・アベリナのクラブ=ソフィア(共同)【拡大】

 新体操の世界選手権第5日は14日、ソフィアで個人総合決勝が行われ、20歳のディナ・アベリナ(ロシア)が81・450点で2連覇し、種目別3冠と国別対抗を含む5種目制覇を果たした。

 圧巻の2連覇だった。初出場の昨年に2人で個人タイトルを独占した双子のアベリナ姉妹の妹ディナは、2位のイスラエル選手に1・750点差で今大会5個目の金メダルを手にした。

 強みは高難度の技を次々と決める手具操作の巧みさだ。ルール改正で上限がなくなったDスコア(演技価値点)は他を圧倒した。東京五輪の金メダル最有力候補は「東京に行けることを楽しみにしている。それが(姉の)アリーナと一緒だったらうれしい」と2年後を見据えた。(共同)

  • 個人総合決勝、2連覇を果たしたディナ・アベリナのボール=ソフィア(共同)