2018.9.14 08:54

双子姉妹で明暗…妹・ディナが種目別3冠も姉は無冠/新体操

双子姉妹で明暗…妹・ディナが種目別3冠も姉は無冠/新体操

 新体操の世界選手権第4日は13日、ソフィアで行われ、個人種目別決勝のクラブはディナ・アベリナ(ロシア)が19・000点で制し、種目別3冠を達成した。

 初出場だった昨年に個人タイトルを独占し、衝撃を与えた双子のアベリナ姉妹は明暗を分けた。妹のディナが種目別3冠に輝いて「とてもうれしいけど疲れた」と笑ったのに対し、アリーナは肩の故障の影響もあって個人総合決勝進出を逃すなど無冠に終わった。

 10点満点だったDスコア(演技価値点)の上限が撤廃された今季のルール改正は、20歳の姉妹にとって追い風。ディナは予選トップの個人総合で2連覇を狙う。(共同)