2018.9.13 05:01(1/3ページ)

史上最多11万人!東京五輪・パラ、ボランティア募集が26日午後1時開始

史上最多11万人!東京五輪・パラ、ボランティア募集が26日午後1時開始

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、競技会場や選手村などで運営に関わる「大会ボランティア」の募集を、26日午後1時から開始すると発表した。募集人数は8万人で、同時に東京都が募集する「都市ボランティア」と合わせて11万人になり五輪・パラ史上最大規模。参加条件の厳しさが指摘されるが、組織委は一部交通費の支給や宿泊情報の提供などで必要人数を確保する考えだ。

 「年齢、性別、国籍、障害の有無を問わず、さまざまな方に応募いただきたい」。組織委の坂上優介副事務総長は、東京・虎ノ門にある組織委で開かれた記者会見の席で呼びかけた。

 大会ボランティアは「案内」「競技」「運営サポート」などの10分野が対象。応募者は分野を3つまで選択でき、参加可能期間、地区なども希望できる。それを組織委が運営上のニーズと照らし合わせて配置する。

 都が募集する都市ボランティアは、空港や駅などの交通拠点での交通・観光案内を行う。

 ボランティアに関して、組織委は3月に条件を公表。ユニホーム一式や1日1回程度の食事などを支給する。だが、自宅から会場のある都市までの交通費や宿泊費は自己負担。原則、休憩を含め働くのは1日8時間で10日以上となっており、インターネット上では「厳しすぎる」との声が上がっている。

【続きを読む】