2018.9.12 17:59

稀勢の里、血だらけの4連勝 過去11戦全勝の魁聖を寄り切る/秋場所

稀勢の里、血だらけの4連勝 過去11戦全勝の魁聖を寄り切る/秋場所

特集:
稀勢の里
取組後、流血する稀勢の里=両国国技館(撮影・今野顕)

取組後、流血する稀勢の里=両国国技館(撮影・今野顕)【拡大】

 大相撲秋場所4日目(12日、両国国技館)8場所連続休場から復帰して進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は平幕魁聖(31)を寄り切り、過去11戦全勝だった相手を寄せつけず4連勝を飾った。

 他の横綱陣は白鵬(33)が平幕千代大龍(29)を上手投げで下し、鶴竜(33)は平幕豊山(24)を押し出した。大関とりの関脇御嶽海(25)は関脇逸ノ城(25)を押し出した。初のかど番の大関栃ノ心(30)は小結玉鷲(33)を取り直しの末、突き落とし3勝目を挙げた。

 稀勢の里は魁聖と左四つに組むが、ともに上手に手が届かない。いったん魁聖を追い込んだが勝負を決めきれず、相手に上手を許したが、これを切ると一枚まわしながら右上手を取り返し、引きつけながら前に出て寄り切った。取組後は鼻血が出る、59秒の熱戦だった。

 白鵬は千代大龍と左四つに組む。相手に左下手許したが、右上手をつかむとすかさず頭を抑えて土俵に転がした。

 鶴竜は右からの上手出し投げで振り回しながら豊山を攻め、最後は左から押し出した

 栃ノ心と玉鷲の一番は土俵際でもつれ取り直しに。玉鷲の激しい押し込みに栃ノ心は下がったものの、土俵際で右に動いて逆転の突き落としを決めた。

 立ち合いから低く当たって懐に飛び込んだ御嶽海は左差し。逸ノ城に肩越しの左上手を許しながらも構わず前に出て最後は押し出した。

4日目結果へ5日目取組へ

  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 取組後、流血する稀勢の里=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 稀勢の里が寄り切りで魁聖を下す=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 白鵬が上手投げで千代大龍を下す=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 白鵬が上手投げで千代大龍を下す=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 鶴竜が押し出しで豊山を下す=両国国技館(撮影・今野顕)