2018.9.12 05:02(1/2ページ)

井上拓真、世界挑戦切符獲った!兄・尚弥「井上家でバンタム級独占だ」/BOX

井上拓真、世界挑戦切符獲った!兄・尚弥「井上家でバンタム級独占だ」/BOX

世界挑戦権を手にして喜ぶ井上拓真(中央)と兄の尚弥(左)、父でトレーナーの真吾氏 (撮影・山田俊介)

世界挑戦権を手にして喜ぶ井上拓真(中央)と兄の尚弥(左)、父でトレーナーの真吾氏 (撮影・山田俊介)【拡大】

 プロボクシング・WBC世界バンタム級指名挑戦者決定戦(11日、東京・後楽園ホール)同級10位の井上拓真(22)=大橋=が同級3位のマーク・ジョン・ヤップ(29)=六島=に判定3-0で勝ち。同級王座への挑戦権を獲得した。来春にも世界初挑戦する計画で、兄で世界3階級制覇を達成したWBA同級チャンピオンの井上尚弥(25)=大橋=に続く、兄弟王者を目指す。

 悲願の兄弟王者に一歩前進だ。井上拓は5回、フィリピン出身の難敵からカウンターの左フックでダウンを奪うと、その後も有効打を重ね、最大7ポイント差の完勝。「やっと世界への切符を手に入れた。ここまで長かった」と喜びに浸った。

 2016年12月に当時のWBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス(フィリピン)への挑戦が決まっていたが、練習中に右拳を負傷して手術。約1年のブランクで遠回りし、世界への道を切り開いた。

【続きを読む】

  • WBCバンタム級王座への挑戦権を獲得し、兄井上尚弥(右)、父真吾さん(左)とポーズをとる井上拓真=後楽園ホール
  • ポーズをとる(左2人目から)井上尚、拓真、真吾コーチ=後楽園ホール(撮影・山田俊介)
  • 勝ち名乗りを受ける井上拓真(左)=後楽園ホール(撮影・山田俊介)
  • 10R攻める井上拓真=後楽園ホール(撮影・山田俊介)