2018.9.11 16:50

桃田、山口らが2回戦へ ジャパンOP/バドミントン

桃田、山口らが2回戦へ ジャパンOP/バドミントン

男子シングルス1回戦でデンマーク選手を破った桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ

男子シングルス1回戦でデンマーク選手を破った桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ【拡大】

 バドミントンのジャパン・オープンは11日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して男女のシングルスと混合ダブルスの1回戦が行われ、男子シングルスで世界選手権覇者の桃田賢斗(NTT東日本)はアンデルス・アントンセン(デンマーク)を2-0で下し、2回戦へ進んだ。

 女子シングルスで世界選手権3位の山口茜(再春館製薬所)は台湾選手にストレート勝ち。奥原希望(日本ユニシス)は第2ゲーム途中に香港選手が棄権して勝ち上がった。佐藤冴香(ヨネックス)大堀彩(トナミ運輸)も1回戦を突破した。

 混合ダブルスでは金子祐樹、松友美佐紀組(日本ユニシス)などが2回戦に進出した。

米元小春の話「きのう(10日の)の練習より風がなかった。(今大会に向けて)混合ダブルスの練習はそんなにしていないが(保木は)頼りになる存在」

佐藤冴香の話「非常に感触が良かった。会場もやりやすかったし、伸び伸びプレーができた。一戦一戦をしっかり戦うことを考えてやりたい」

大堀彩の話「初めての会場だったが、2ゲーム目はしっかり対応できた。ここで(東京)五輪をやるというのは刺激になるが、まずはしっかりこの大会を戦いたい」

松友美佐紀の話「(金子と組んで)初めての試合で不安もあったが、お互いに似ているところがある。(本職の)女子ダブルスにも生かせるようにしたい」

金子祐樹の話「勝てて良かった。勝ったので(初めて組んだ松友との)相性は悪くないと思う。(明日以降)よりよくシャトルをコントロールできるようにしたい」

保木卓朗の話「初めての体育館でシャトルが飛ぶのか、飛ばないのか気になっていた。大きな展開で相手を崩せた」

  • 男子シングルス1回戦でデンマーク選手からポイントを奪いガッツポーズする桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦で香港選手を破った奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦で香港選手からポイントを奪いガッツポーズする奥原希望=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦で台湾選手を破った山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦で台湾選手を破った山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ