2018.9.10 05:06(1/4ページ)

日本勢単初!大坂が四大大会V、憧れセリーナをストレート撃破/全米テニス

日本勢単初!大坂が四大大会V、憧れセリーナをストレート撃破/全米テニス

特集:
大坂なおみ
大坂が日本テニス界の歴史を塗り替えた。力強いプレーで、セリーナを圧倒した(共同)

大坂が日本テニス界の歴史を塗り替えた。力強いプレーで、セリーナを圧倒した(共同)【拡大】

 テニス・全米オープン第13日(8日、ニューヨーク)日本テニス史上初の快挙達成!! 女子単決勝で大坂なおみ(20)=日清食品=が、憧れだった元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=に6-2、6-4で勝ち、初制覇を果たした。四大大会単では男女を通じて日本勢初Vとなり、優勝賞金380万ドル(約4億2180万円)を手にした。日本選手が1916年に初めて四大大会に挑戦してから102年。ついに夢を実現した。

 快挙をたたえる手拍子とブーイングの嵐が交錯する。異様な雰囲気が漂った全米のフィナーレで、大坂はセリーナと抱き合った。単では日本勢初の四大大会制覇。競技を始めた3歳の頃から憧れる絶対女王の胸で、歴史に名を刻んだ挑戦者が涙に暮れた。

 「みんな彼女(セリーナ)のことを応援していたと思う。こんな終わり方をしてすみません。試合を見てくれてありがとう」

 約2万4000人の観客が地元・米国のスターを後押し。圧倒的なアウェーでも、日本のエースは落ち着いていた。

 「セリーナはスロースターター。出だしは積極的にいく。走らないといけない覚悟はできていた」。第1セットは軽快に動いて返球。第1サーブには時速30キロもの差をつけて揺さぶり、昨年9月の出産後で体力に不安を抱える難敵の打ち急ぐミスを誘った。

【続きを読む】

  • 憧れのセリーナ(左)を撃破した大坂。抱き合って健闘をたたえ合った(AP)
  • 涙を流した大坂(手前)は、これまで支えてくれた母の環さんと熱い抱擁を交わした(AP)
  • 大坂とS・ウィリアムズの比較
  • 大坂VSS・ウィリアズムのスタッツ
  • 大坂なおみ・四大大会単成績
  • 大坂なおみ・今大会の勝ち上がり
  • 女子テニス・単世界ランク上位
  • 大坂はトロフィーに歓喜のキス。女子テニス界に「なおみ時代」の到来を予感させた(USATODAY)
  • 全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=ニューヨーク(共同)
  • 全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを持つ大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨーク(共同)
  • 女子シングルス決勝で初制覇を果たし、セリーナ・ウィリアムズ(左)と抱き合う大坂なおみ=ニューヨーク(共同)
  • 女子シングルス決勝で初制覇を果たし、トロフィーを掲げる大坂なおみ=ニューヨーク(共同)