2018.9.10 05:04(1/2ページ)

1978年の全豪オープン女子複で準V・佐藤直子さん、大坂を称賛「歴史的瞬間」/全米テニス

1978年の全豪オープン女子複で準V・佐藤直子さん、大坂を称賛「歴史的瞬間」/全米テニス

特集:
大坂なおみ

 テニス・全米オープン第13日(8日、ニューヨーク)第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が女子単決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を破って初制覇。アジア勢初優勝を成し遂げた。

 1978年の全豪オープン女子複で準優勝するなど、日本女子テニス界を引っ張ってきた東京国際大教授で硬式庭球部監督の佐藤直子さん(63)が9日、大坂の優勝を称賛した。東京都内で観戦し、「歴史的瞬間」と日本テニス界悲願のタイトル獲得を喜んだ。

 1970年代後半から世界で活躍した佐藤さん。77年の全豪オープン女子単でベスト8に入った経験も持つが「当時は、四大大会の優勝なんてエベレストぐらい高く見えていて、全然遠かった。世界との差はとってもあって、ベスト8でもラッキーと思うぐらいだった」と振り返る。

 その後、伊達公子さんらがベスト4に入るなど日本女子が躍進。「伊達の時は優勝がだいぶ近くには来ていたけど、その壁を打ち崩せなかった。日本女子が四大大会で優勝するのは、長い間の日本テニス界の目標だった」とついに日本女子が頂点に立った快挙を心底喜んだ。

 大坂に対しては「非常に可能性を秘めた選手だった。いつかこういう日が来るのではと思っていたけど、こんなにも早くくるなんて」と驚きを隠さなかった。

【続きを読む】