2018.9.10 18:09

舞の海氏、稀勢の逆転勝ちに「やられたと思った」/秋場所

舞の海氏、稀勢の逆転勝ちに「やられたと思った」/秋場所

特集:
稀勢の里
舞の海秀平氏

舞の海秀平氏【拡大】

 大相撲秋場所2日目(10日、両国国技館)8場所連続休場から復帰して進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は小結貴景勝(22)を突き落とし、2連勝とした。稀勢の里は突いて出た貴景勝の鋭い押しに一気に俵に足がかかり、はたきに大きく体勢を崩す。なおも前に出る相手に対し、土俵際で逆転の突き落としを決めた。

 NHKでラジオ解説を務めた舞の海秀平氏(50)=元小結=は、「やられたと思った。土俵際で必死に残って、その後(相手に)引かれて、つんのめる稀勢の里の姿を見たときに、これで前に落ちるなと思ったが、そこから良く残った」と評価。「稀勢の里に踏ん張る力が戻ってきた。この連勝は大きい。さらに気持ちが充実して、力が出ると思う」と期待した。