2018.9.10 20:03

楢崎智「重圧感じる」 前回覇者として記者会見/スポーツクライミング

楢崎智「重圧感じる」 前回覇者として記者会見/スポーツクライミング

男子リード準決勝で敗退した楢崎智亜=9日、インスブルック(共同)

男子リード準決勝で敗退した楢崎智亜=9日、インスブルック(共同)【拡大】

 スポーツクライミングの世界選手権で、前回2016年大会男子ボルダリング王者の楢崎智亜(TEAM au)が10日、インスブルックで公式の記者会見に臨み「2年前に比べて期待がすごく大きくなっている分、重圧は感じている。ベストを尽くしたい」と意気込んだ。男子ボルダリングは12日に予選が行われる。

 大会最終日の16日には、20年東京五輪でも実施されるスピード、ボルダリング、リードの3種目で争う複合の決勝が予定されている。リードで13位と出遅れたが、日本のエースは「今回は複合での優勝を一番に考えてきた」と巻き返しを期す。

 リードで4位と奮闘した弟の楢崎明智(TEAM au)については「本番で持っているもの以上を出す能力が上がってきている」と刺激を受けた様子だった。(共同)