2018.9.10 21:01

平壌で国際体操連盟会合へ 来年1月、韓国協会も招待

平壌で国際体操連盟会合へ 来年1月、韓国協会も招待

 北朝鮮の建国70年の祝賀行事などに参加した国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長が10日、現地での日程を終えた。経由地の北京で記者団に対し、FIGの幹部が集まる会合を来年1月に平壌で開催し、韓国協会関係者も招くことで北朝鮮側と一致したことを明らかにした。

 渡辺会長は9日に平壌で上演が始まった10万人規模のマスゲーム(集団体操)・芸術公演「輝く祖国」を参観。50人程度の少人数に構成し直したマスゲームを、来年7月にオーストリアで開かれる「世界体操祭」に招くことで合意したという。

 10月に国際オリンピック委員会(IOC)総会で新たに委員に就任する見通しの渡辺会長は「北朝鮮と日本との間に横たわる問題もあるが、孤立させないことが大事。子どもたちのためにも世界に扉を開いていく手助けをしたい」と語った。(共同)