2018.9.10 15:41

塚原千恵子氏「権力なんて欲しくない」 体操には未練も…

塚原千恵子氏「権力なんて欲しくない」 体操には未練も…

塚原千恵子氏

塚原千恵子氏【拡大】

 体操の2016年リオ五輪女子代表の宮川紗江(19)からパワハラを告発された、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)が10日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜前8・0)にVTR出演。MC・真矢ミキ(54)のインタビューに答えた。

 千恵子氏は「もう体操界イヤになっちゃいました。一生懸命やっても一生懸命やっても」と本音をこぼすと、「現場がなければいつでも、権威なんて権力なんてほしくないので」と話した。真矢が「お二人は役員にあまり執着してない?」と聞くと、光男氏は「全然執着してない。全くないです」と答え、「どなたかこれを引き継いでやってくれる方がいればいつでもどうぞ。でも本当にそれでいいんですか?日本、本当に今度世界選手権戦えますか?僕はそれが本当に心配ですよね。だから辞任するとかしないなんて、あまり僕らにとって大きい問題じゃないんです」と答えたのに対し、千恵子氏は「私は余力があればやっぱり体操に携わって、体操協会では手伝ってくれって言ったら手伝うし、やっぱり力を入れていきたいなと思っております」と未練ものぞかせていた。