2018.9.9 07:09

WTA「大坂がセリーナをあ然とさせ…」日本勢初の偉業を絶賛/全米テニス

WTA「大坂がセリーナをあ然とさせ…」日本勢初の偉業を絶賛/全米テニス

特集:
大坂なおみ
女子シングルス決勝 セリーナ・ウィリアムズからポイントを奪いガッツポーズする大坂なおみ=ニューヨーク(共同)

女子シングルス決勝 セリーナ・ウィリアムズからポイントを奪いガッツポーズする大坂なおみ=ニューヨーク(共同)【拡大】

 テニス・全米オープン第13日(8日、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4で破り、シングルスの日本勢で男女を通じて四大大会初制覇を成し遂げた。セリーナは四大大会歴代最多タイの24勝目を逃した。

 女子ツアーを統括するWTA公式サイトは「大坂がセリーナをあ然とさせ、全米オープンで初めて四大大会のタイトルをつかんだ」と絶賛。「20歳の大坂は、劇的な全米オープン決勝で、四大大会23勝を誇るセリーナをストレートで倒し、四大大会のシングルスを制した初めての日本人となった」とたたえた。

試合結果へ