2018.9.9 05:03(1/2ページ)

錦織、ジョコに14連敗「ついていけなかった」/全米テニス

錦織、ジョコに14連敗「ついていけなかった」/全米テニス

特集:
錦織圭
錦織は必死にボールを追いかけたが、勝利には届かず。大坂との男女同時決勝進出はならなかった(共同)

錦織は必死にボールを追いかけたが、勝利には届かず。大坂との男女同時決勝進出はならなかった(共同)【拡大】

 テニス・全米オープン第12日(7日、ニューヨーク)男子単準決勝で第21シードの錦織圭(28)=日清食品=は元世界ランキング1位の第6シード、ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=に3-6、4-6、2-6で敗れ、大坂なおみ(20)=日清食品=との日本勢初となる男女同時の決勝進出を逃した。錦織はジョコビッチに対して14連敗。女子単で四大大会の同種目で日本勢初の決勝進出を決めた大坂は、四大大会23度制覇のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=との8日の決勝に備え、当地で非公開の調整を行った。

 過去に繰り返してきたのと同じような場面が展開された。ジョコビッチのしぶとい返球に苦しみ、何度も自滅気味にミスを重ねる錦織。2014年の全米準決勝で破った難敵に、その後は全く勝てないまま14連敗を喫した。

 「(自分)らしさを出せなかった。彼のレベルについていけなかった」

 四大大会で大坂との男女同時決勝進出が夢に終わり、錦織は落胆した。

 先にダウンザラインに展開しても、少しでも甘いとカウンターが返ってくる。「上書きされて鋭い球が飛んできた。主導権を握ることができなかったのが一番の敗因」。得意なはずのストローク戦で押され、体力も精神力も消耗した。相手の29本の2倍近い51本のミスで崩れ、1度のブレークもできない。「もし彼がノバクじゃなければ、もう少しいいプレーができた」と完敗を認める。

【続きを読む】

  • ジョコビッチ(右)に14連敗…。錦織にとって、あまりにも高い壁だ(共同)
  • テニス・全米オープン男子単(準決勝以降)
  • 錦織圭・四大大会単全成績
  • 錦織VSジョコビッチのスタッツ
  • 男子シングルス準決勝ポイントを奪われうなだれる錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • 男子シングルス準決勝ポイントを奪いガッツポーズする錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • 男子シングルス準決勝リターンする錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • 男子シングルス準決勝ポイントを奪われ、うつむく錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • 男子シングルス準決勝ノバク・ジョコビッチと対戦する錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • テニスの全米オープン、シングルス準決勝でノバク・ジョコビッチと対戦する錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • 男子シングルス準決勝でノバク・ジョコビッチに敗れ、うつむいて引き揚げる錦織圭=ニューヨーク(共同)
  • 男子シングルス準決勝錦織圭と対戦し、リターンするノバク・ジョコビッチ=ニューヨーク(共同)