2018.9.9 05:03(1/2ページ)

稀勢が異例の稽古!「土俵祭り」後、部屋とんぼ返り

稀勢が異例の稽古!「土俵祭り」後、部屋とんぼ返り

特集:
稀勢の里
淡い紫色の羽織をまとった稀勢の里(右)は土俵祭りを厳しい表情で見つめた。左は阿武松親方 (撮影・佐藤雄彦)

淡い紫色の羽織をまとった稀勢の里(右)は土俵祭りを厳しい表情で見つめた。左は阿武松親方 (撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 大相撲の秋場所は9日、東京・墨田区の両国国技館で初日を迎える。8日は国技館で土俵祭りが行われ、三役以上の力士らが出席し、15日間の安全を祈願した。左大胸筋痛などによる8場所連続休場明けで進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は、部屋に戻るなり本場所で使用するまわしを締めて汗を流す異例の調整。横綱昇進後、1勝4敗と苦手の初日を乗り切る。

 国技館で行われた土俵祭り。4場所ぶりに参加した稀勢の里が引き揚げる際には、一般公開で集まったファンから「頑張って」と声援が飛んだ。左大胸筋などを痛めて8場所連続休場。進退を懸けた秋場所が始まる。

 「いよいよ始まるという感じ。いい状態で、いい稽古ができたので、気負いはない」

 はやる気持ちを抑えられなかったのか、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋へ戻ると稽古場へ直行。本場所で使用する紺色のまわしを締め、四股などの基本運動で約30分間に渡って汗を流した。異例といえる稽古で場所前最後の調整を終了。初日を控え、心身の準備は整った。

【続きを読む】

  • 稀勢の里・横綱昇進後の成績
  • 大相撲・横綱の連続休場場所数
  • 土俵祭りに臨む稀勢の里=両国国技館
  • 土俵祭りに臨む稀勢の里。奥は御嶽海=8日、両国国技館
  • 土俵祭りに臨む(右から)稀勢の里、鶴竜、白鵬=両国国技館