2018.9.8 20:22

伏兵の水沼、強敵抑えV「ア大会代表に入れなかった悔しさぶつけた」/競泳

伏兵の水沼、強敵抑えV「ア大会代表に入れなかった悔しさぶつけた」/競泳

男子100メートルバタフライ決勝 51秒98で優勝し喜ぶ水沼尚輝=横浜国際プール

男子100メートルバタフライ決勝 51秒98で優勝し喜ぶ水沼尚輝=横浜国際プール【拡大】

 水泳の日本学生選手権第2日は8日、横浜国際プールなどで行われ、競泳男子100メートルバタフライは伏兵の水沼が制した。アジア大会代表の幌村(早大)ら強敵を抑え、初の全国タイトルを獲得し「アジア大会などの代表に入れなかった悔しさをぶつけた。学生選手権で51秒台を出す目標が達成できてよかった」と笑った。

 前半の50メートルを折り返すとペースアップし、頭一つ抜け出てタッチ板をたたいた。来春は大学院に進学し、2020年東京五輪を目指すという。「前半のスピードが足りない。世界と戦えるよう、もっと強化していく」と気を引き締め直した。