2018.9.8 05:02(1/2ページ)

稀勢、取組決まった!初日に勢、2日目は貴景勝 運命の秋場所9日初日

稀勢、取組決まった!初日に勢、2日目は貴景勝 運命の秋場所9日初日

特集:
稀勢の里
稽古後、無言のままタクシーに乗り込んだ稀勢の里(中央)。復活に向けて戦闘モードに突入した

稽古後、無言のままタクシーに乗り込んだ稀勢の里(中央)。復活に向けて戦闘モードに突入した【拡大】

 日本相撲協会は7日、秋場所(9日初日、両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。8場所連続休場からの再起を目指して出場を決めた横綱稀勢の里(32)は初日に過去15勝1敗の平幕勢、2日目は1勝2敗と分の悪い小結貴景勝と対戦する。稀勢の里はこの日、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を行ったが、今場所前初めて非公開とされた。なお、十両以上で初日から休場を届け出た力士はいない。

 場所の行方どころか、土俵人生をも左右する。「次に出場する場所ではすべてをかける」。かねて進退を口にして臨む場所となる稀勢の里にとって、対戦成績だけでははかれない意味を持つ取組が決まった。横綱は昨年春場所で左大胸筋などを負傷。その影響で同夏場所から休場が続き、全休は4度。出場した4場所ではすべて初日に黒星を喫し、途中休場へ追い込まれている。

 初日の相手、勢には対戦成績では圧倒しているが、直近の対戦となった平成29年名古屋場所では小手投げに敗れ初黒星を喫した。2日目の貴景勝にも1月の初場所にとったりで敗れ2連敗中だ。

【続きを読む】

  • 稀勢の里・初優勝場所以降成績